コンサルタント料に注意

IT業界には様々な職種がありますが、その一つがITコンサルタントです。顧客が抱えている不満や問題点を、IT技術を使って解決してあげるのがITコンサルタントの役割です。
解決すると言っても、ITコンサルタントが自分でプログラムを組んだりすることは基本的にありません。解決のために適切な技術を持つ企業や個人事業主を紹介する、つまり仲介役がITコンサルタントになります。
相手の不満や問題点を聞き取るところから業務が始まるので、営業職に近い側面があります。しかし、適切な企業を紹介するにはIT技術に精通している必要があり、業界内の人脈の広さも欠かせません。
営業職と技術職、双方の知識と経験が求められる職種です。
そのため、ITコンサルタントへ転職を考える人は、技術職として経験を積んだあとにマネージメント業務に携わるケースが多い傾向にあります。

また、ITコンサルタントへ転職することをきっかけに、独立する(個人事業主となる)場合も少なくありません。
コンサルタントとしての経験が浅い場合、顧客が見つかりにくいこともあります。時には飛び込み営業が必要になることもあるでしょう。
また、最大の注意点として覚えておきたいのは、コンサルタント料を必要以上に値下げしないことです。
ライバルの存在などの理由で、コンサルタント料(紹介料)を値下げしてでも仕事を確保したくなりますが、収入が少ないと事業を継続できなくなる恐れがあります。着実に収益を上げるためには、大幅な値引きはなるべく避けましょう。